​共同利用契約(提携企業)の​ご案内

提携の条件

 ●社会保険加入事業所であること(子ども子育て拠出金を負担している事業者)

 ●従業員の方の就労形態は問いません。(正規・パート、アルバイトなど)

 ●当保育園を利用していただくにあたり、契約書を交わしていただく必要がありますが、

  契約金や企業負担金など園から請求するものは一切ありません。

 ●現従業員の福利厚生の一環として、または新規採用の優遇事項として「提携保育園あり」と

  PRできます。

 ●園と利用者との直接契約になりますので、入園の手続きや月ごとの保育料の請求などで

  お手を煩わせる事もありません。

 企業主導型保育事業とは?

 企業等による事業所内保育事業を主軸として、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、待機児童の解消を図り、仕事と子育ての両立に資することを目的にしている

国(内閣府)の新しい制度です

 【一般的な保育園との違い】

 保育園には大きく分けて「認可保育園」と「認可外保育園」があります。企業主導型保育園は認可外保育園に属しますが、企業が従業員のお子さまを預かるために設置された保育施設として、定員には「地域枠」といわれる従業員以外の保育を必要とするお子さまを預かるための受入枠を設けています。また、認可保育園と同等の施設基準や保育士の配置基準を満たしていますので、それにより国からの補助金が受けられ、利用者は認可保育園並みの保育料負担でお子様を預ける事が可能です。事業所内保育所のように自社従業員のために優先的に利用することも可能となります。

企業主導型保育所と提携契約した際の企業メリット

   地域への貢献が出来ます

 待機児童問題に企業主導型保育園は重要な役割を担っています。

従業員のお子様だけでなく、地域のお子様を受け入れる事で、地域の労働力確保にもつながり、人材不足の解消にも役立ちます。また、子どもに優しい企業としてアピールポイントにもなります。

  大事な人材の確保のために

 出産後、子どもの預け先がなく復帰を諦めてしまう女性社員の方は少なくありません。ルアナきぬの里保育園は提携企業様の自社保育園という位置づけで利用できるため、出産後でも会社の就業形態に合わせてお子様を預けられ、安心して社会復帰することが出来ます。出産後の時短勤務やパートへの移行など従業員の多様な働き方にも対応できます。

また、新たな人材確保の際、福利厚生の一環として就活生や転職希望者に【提携保育園あり】とPRすることもできます。

 

提携企業様募集中

 ルアナきぬの里保育園では、

提携企業様を募集しています。

契約に伴う費用は一切頂きません。担当者が直接伺い、ご説明させていただくことも可能ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせもお待ちしております。

ルアナきぬの里保育園Facebookページ

 

​2018作成 by Wix com​

  • Facebookの社会的なアイコン